千葉市稲毛区で肩こり・腰痛・骨盤矯正の整体なら

〒263-0031 千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-16-4 スプリングスクエア 501

診療時間
午前10:00~午後 2:00、午後 4:00~午後 8:00
定休日:祝祭日(完全予約制)

お気軽にお問合せください

043-306-1702

院長あいさつ

院長 氣仙英郎 プロフィール

お気軽にご相談ください

肩書

あん摩マッサージ指圧師

整体師

資格

あん摩マッサージ指圧師(国家資格)

生い立ち
  • ルーツは氣仙地方(宮城県気仙沼市、岩手県気仙郡・陸前高田市・大船渡市にまたがる地域)
  • 宮城県柴田郡生まれ
  • 幼児のころは家でお絵かきに没頭するなど内気な性格だった。
  • 小学校時代は寄り道が習慣化。友達と田んぼや原っぱで遊んだり、秘密基地ごっこなどを楽しむ。
  • 中学・高校と陸上部に所属したものの、高校1年で腰痛を発症して選手生活を断念。
  • 大学ではサイクリング同好会に属して寝袋を自転車に積んで各地をめぐる。
  • 31歳で同じ中学校の同級生だった妻と結婚。
  • 好奇心旺盛なところを生かして最初の仕事は新聞記者を選択。国内外のさまざまなニュースを日々伝える仕事にやりがいを感じた。
  • その一方で、持病の腰痛を抱えたままの生活が続く。ギックリ腰は年に数回発症。何とかしたいとさまざまな整形外科や整骨院、整体を試す日々。自分でもセルフケアを勉強して、ヨガやストレッチ、体操、呼吸法、瞑想などにチャレンジ。
  • 長い試行錯誤の末、「体のことを徹底して勉強したい」「自分で施術もしたい」との思いが高じて、あん摩マッサージ指圧師の資格を取得。治療院を開業するにいたる。
  • 今は施術に関する知識・技術を日夜学ぶ毎日。
  • 一方で、おいしいものには目がなく、好きが高じて週末は趣味の料理を楽しんでいる。
経歴

 

  • 1977年  3月 宮城県立仙台第一高等学校卒業
  • 1983年  3月 小樽商科大学商学部(商業教員養成課程)卒業
  • 1984年  4月 岩手日日新聞社入社
  • 1989年  4月 産経新聞社入社
  • 仙台総局、経済部、外信部、ワシントン支局、編集委員、論説委員などを経て、フジサンケイグループ事務局(出向)で勤務
  • 2001年  6月 米国カリフォルニア大サンディエゴ校大学院ICAP修了
  • 2016年  3月 長生学園卒業
  • 2016年  4月 あん摩マッサージ指圧師免許取得
  • 2016年  7月 医王会指圧センター経絡指圧講習会(初級、上級コース)修了
  • 2018年  3月 長生学園臨床実習室終了
  • 2018年  7月 日本睡眠整体協会認定、ドミノスポットメソッド実技講習会修了
  • 2018年  9月 産経新聞社退社
  • 2018年10月 産経新聞社嘱託
  • 2018年12月 氣仙長生治療院を開設
  • その後も多数のセミナーや勉強会へ参加。現在に至る。
所属団体

日本長生医学会

睡眠整体協会

メディア取材・掲載実績

◉夕刊フジ特別版vol.12「健活手帳2019年初秋号」(2019年9月12日発売)で「100歳までやりたいことをやる生き生きスイッチON」という記事を氣仙長生治療院の氣仙英郎院長が監修しました。

◉BS日テレの「深層ニュース」の取材を受けました。「70歳定年時代へ…いつまで働 けばいいの?」という番組内容の中で院長の氣仙英郎と氣仙長生治療院が取り上げられました(2019年8月13日)

https://youtu.be/Y296AOk4pqs

◉まちの専門家を探せるWEBガイド「マイベストプロ」から取材を受ける(2019年2月)

https://mbp-japan.com/chiba/kesenchousei/interview/?page=3

クリックするとマイベストプロのページに移動します

◉主な著作「地球温暖化ビジネスのフロンティア」(国際書院)、「やばいぞ日本」(扶桑社)、「すごいぞ日本」(扶桑社)「呪縛は解かれたか」(角川書店)などいずれも共著

ごあいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。氣仙長生治療院院長の氣仙英郎です。

私は長年にわたって腰痛で苦しんできました。発症したのは高校一年生の16歳でした。当時、クラブ活動で所属していた陸上部でのある日の練習の際に、左腰部に激痛が走ったのを今も覚えています。

治療はお決まりのコースをたどりました。まずは地元仙台市内の整形外科にいき、痛み止めの注射と牽引などの理学療法を受けました。そして、コルセットを常時着用するよう言われました。高校生にとって、コルセットが手放せなくなる人生を想像するだけで目の前が真っ暗になりました。

これで選手生活に終止符が打たれるのは辛い。叔父の勧めで、宮城県気仙沼市の治療院を訪ねました。四十数年前のことですが、今だに鮮明なのは、一回の手技治療によって腰の違和感と脚のしびれがスッと引いたことでした。驚きでした。「食欲も出ますよ」と言われ、その晩の夕食が大変おいしかったことを覚えています。これが私の手技治療を受けた最初でした。

しかし、陸上競技での無理もたたって度々腰痛が起き、その度に治療院に行くようになりました。やがて、大学を卒業し、新聞社に入社、記者生活を始めました。腰痛は持病となり、国内外の転勤に伴って、その地の治療院を訪ね歩き、さまざまな治療法を試しました。

転機は40代になってからでした。中学2年の時にスキーで膝の靱帯を損傷したことが腰痛のそもそもの原因だとある治療院で指摘され、ようやく合点がいきました。

過去の怪我がその後のさまざまな体の不調につながっているケースは少なくありません。ところが、根本原因までさかのぼって探してくれる治療院は多くはありません。治療効果が永続的なところもなかなか見つかりません。

根治しないいらだちを常に抱えながらの数十年は辛く苦しい日々でした。長年、迷走した自らの治療体験を踏まえ、「それなら自分が患者をしっかり治せる治療師になろう」と決断したのは当然の成り行きでした。

そしてあん摩マッサージ指圧師の国家資格をめざして、東京都大田区にある長生学園の門をたたきました。ゴッドハンドと言われる施術者に共通するのは、優れた技能に加え、温かい人柄、治そうという強い信念の持ち主です。こうした先達を目標に今、治療の現場に立っています。

大切にしていること

当院にいらっしゃる患者さんの中には70代になっても仕事を続けているシニアや経営者の方、テニスや登山などのアクティブな趣味を楽しんでいる人、健康情報に敏感な女性も少なくありません。

一方で、他の整体や鍼灸、マッサージなどを試してきたけれど、不調を繰り返してしまっている方や、しつこい痛みに悩まされている方々も多くいらっしゃいます。

誰もが死ぬまで元気な生活を願っています。しかし、最期の日をむかえるまでの10年を介護や看護に頼らざるを得ないのが現実です。それなら、その10年を減らそう、無くそう。そのお手伝いを私の使命にしようと決断しました。

当院ではていねいに患者様のお話を聞き、つらい症状の改善に日々全力を挙げます。さらに必要に応じて日常生活や運動、体操などの助言も行いますし、症状が改善してからも体の良い状態を維持できますよう、皆さまの健康をサポートしていきます。

 施術を受け、体調が改善した患者さんが喜ぶ姿を見るのは本当にうれしく、そんな時はこの仕事について良かったと思えます。体の不調を改善し、その先の夢や目標がある方々を全力で応援したいと、日々技術の向上を目指しています。

ご来院をお考えの方へ

100歳までやりたいことがやれるために、一番必要なことは何でしょうか。私なりにいろいろ考えました。そして、得た結論は単純です。それは「毎晩ぐっすり眠れて、翌朝すっきり起きられる体になること」です。皆さんの子供のころを思い出してください。そのような生活だったのではないでしょうか。

ですから、氣仙長生治療院が提供する施術の最大の目的は、患者さんがぐっすり眠れる体にして、自然治癒力が最大限引き出されるようにすることにあります。自然治癒力は、本来どなたの体にも備わっているものですが、生活習慣や環境の変化など、何らかの理由で体のバランスを崩してしまうと、適切に働かなくなります。

この、自然治癒力発動のスイッチをポン!と押す施術が「ドミノスポット療法」です。この療法は、短時間で済むので忙しい方に便利ですし、強い痛みもなく体への負担が少ないため、仕事の合間などに気軽に受けることができます。

怪我や長年のくせや習慣などで体にゆがみがあったり、組織が損傷している場合は改善まで時間がかかることがありますが、体のゆがみが比較的新しい場合は、施術後比較的短時間で症状の変化がみられます。

施術前は、じっくりと患者様の話を聞いて体の状態を確認し、痛みや不調の原因の元を探っていきます。患者さんがすっかり忘れていたような過去のケガやねんざ、手術の痕跡など、意外な原因が浮かび上がってくることもあります。

例えば、ばね指に悩んでいたある患者さんは、過去に手首を手術したことから症状が引き起こされている可能性が出てきました。さらに、仕事でパソコンを長時間使うことや、その時に前のめりの姿勢でいることで、頸椎がずれて神経があっぱくされていました。このような場合、根本の原因となっている首や肩の状態をよくしていくことで、ばね指も徐々に改善していきます。

 一時しのぎの整体やマッサージでは満足できない。根本的に体を治したい」そんな方々の思いに答えていきたいと思っています。つらい症状を放置していても体は良くなりません。

・肩こりや頭痛から解放されたあなたは、仕事や家事の集中力が上がり、ゆとりができて家族との団らんを楽しめるようになるでしょう。

・腰痛によるしびれや痛みを克服したあなたはデスクワークや家事を効率よくこなせるでしょう。

・膝の痛みから解放されたあなたは、テニスや山登りなどの趣味や旅行を楽しめるでしょう。

 患者様それぞれのめざしたい治療の目標は違います。それをしっかりと話し合い、その達成のために共同して治療戦略を練っていきたいと思います。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

043-306-1702
診療日
午前10:00~午後 2:00
午後 4:00~午後 8:00

      (完全予約制)
休診日
祝祭日

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

043-306-1702

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2019/06/05
新ホームページを公開しました
2019/06/04
「当院概要」ページを更新しました
2019/06/03
「当院の特徴」ページを作成しました

お客さまの声

根本的に治してくれる

千葉市稲毛区の五十嵐清司様

氣仙長生治療院さんは悪いところを見つけ出し根本的に治してくれます。

人に勧めたい

千葉市稲毛区の石坂利恵様

知人にも、ぜひ氣仙長生治療院さんをお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

院長ごあいさつ

氣仙英郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

アクセス・営業時間

住所

〒263-0031
千葉県千葉市稲毛区稲毛東
3-16-4 スプリングスクエア 501

最寄駅

JR総武本線稲毛駅西口から徒歩2分
京成稲毛駅から徒歩8分

診療日

午前10:00~午後 2:00
午後  4:00~午後 8:00

 (完全予約制)

休診日

                        祝祭日