千葉市稲毛区で肩こり・腰痛・骨盤矯正の整体なら

〒263-0031 千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-16-4 スプリングスクエア 501

診療時間
午前10:00~午後 2:00、午後 4:00~午後 8:00
定休日:祝祭日(完全予約制)

お気軽にお問合せください

043-306-1702

ひざ痛が病院で治らない理由

ひざへの注射は一時的な緩和措置

当院にいらっしゃる患者さまのほとんどは整形外科や病院に通った経験がある方々です。

その際、大半が変形性膝関節症と診断されています。そして、レントゲン写真を撮って「ひざの痛みは軟骨がすり減っているから」と言われ、軟骨の滑りを良くするためにヒアルロン酸注射を勧められています。

ひざの関節内にある軟骨が磨り減って摩耗粉が生じます。その摩耗粉によって炎症性サイトカインが分泌され、ひざの滑膜に炎症が生じます。それが痛みとなって表れます。

また、軟骨組織がすり減って、関節のすき間が狭くなることで、半月板が傷つき、炎症が起きることがあります。膝関節には関節包という関節液が入った袋があってそれが関節の動きをスムーズにしています。しかし、半月板の炎症によって関節液が過剰に分泌されます。これが、いわゆる「ひざに水がたまる」という状態です。

そこで、病院では対症療法として、たまった関節液を抜き、そしてヒアルロン酸注射をするわけです。

しかし、ヒアルロン酸注射では、一時的に痛みが緩和されるだけで、痛みがぶり返す→ひざに力が入らない→ひざが痛くて動かせない→安静にする→筋力自体が弱くなる→軟骨がすり減る→ひざ痛がますます悪化するというパターンをたどる方が多くいらっしゃいます。

ヒアルロン酸注射によって本来痛くて動かせないひざ関節を無理して動かしているわけですから、ただでさえ負荷がかかっているひざの軟骨組織の摩耗が一段と進んで、ひざの状態が悪化してしまうのは当然の帰結です。

ひざ痛の悪い循環に陥ってしまうと、最後にはひざの関節が潰れてしまって痛みが常態化。自分の足で歩けなくなって、寝たきりという状態になりかねません。

多くの方が常用しているシップや鎮痛薬も一時的な対症療法です。

鎮痛剤としてよく利用されるのはロキソニンやインフリーなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)です。しかし、鎮痛剤はひざ痛を緩和するだけで、ひざの状態が悪化するサイクルを止める力はありません。むしろ、鎮痛剤を長く飲み続けることで胃腸障害が現れたり、腎臓や肝臓への負担のリスクの方が心配です。

シップ薬は鎮痛剤よりも副作用は少ないですが、長期に使用するとかぶれやかゆみなどのアレルギー症状を引き起こすことがあります。また、坐薬が痛み止めとして処方されることもあります。とはいえ、シップも坐薬も痛みを一時的に抑えるだけの効果しかなく、根本的改善にはつながりません。

治療法としてブレース(ひざに装着する自助具)を勧められることもあります。ひざが痛くてO脚の方の治療具として使われるものです。これによって、O脚が矯正され、ひざ関節がまっすぐになることで痛みが軽減されるとされています。しかし、現実にはひざとブレースがすれて痛くなったりして、治療具としての活用は減っているようです。

一方で、靴の底に置く足底板というのもあります。O脚の人は足の外側を高くし、内側を低くすれば、頸骨や大腿骨といった足の骨の角度を変えられます。しかし、これもひざの角度を永続的に矯正するわけではないので、根本治療にはなりません。

最終手段は、半月板手術や人工ひざ関節置換術などの手術です。ただ、手術はひざ関節がひどく変形している人には難しいなどの制約があったり、人工関節の耐用年数によっては再手術の可能性も否定できません。

そもそも、多くの方はできれば手術は避けたいと思っているのではないでしょうか。手術は費用面の問題だけでなく、手術後のリハビリに時間がかかったり、後遺症の可能性も懸念されます。

ひざの関節がねじれている→ひざ痛

それでは私たち施術者の目標は何でしょうか。

すぐに答えられます。ひざ痛に悩む方々が手術にいたらないようひざの状態を改善することです。

わたしたちは、ひざの関節がねじれた状態になって、それを放置した結果、軟骨組織がすり減っていくと考えています。膝関節は、半月板や十字靭帯、滑膜などで支えられているのですが、ひざの上の大腿骨と膝の下の腓骨・脛骨のバランスがケガや生活習慣などでねじれた状態になると、ひざの靭帯や筋肉がスムーズに動かなくなります。その結果、ひざの軟骨組織が磨り減る。だからひざが痛むのです。

ですから、関節のねじれた状態を改善し、大腿骨・腓骨・脛骨という脚の骨のバランスを正しく調整してあげる必要があるのです。

本当の原因を探し出しそこに的確な治療をすることで、あなたのひざ痛は徐々に改善していくことでしょう。そして、日常動作が改善する→活動的になれる→ひざがよく動く→ひざ関節の炎症が消える→ひざの痛みがなくなるというパターンをつくれるようお手伝いしていきます。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

043-306-1702
診療日
午前10:00~午後 2:00
午後 4:00~午後 8:00

      (完全予約制)
休診日
祝祭日

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

043-306-1702

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2019/06/05
新ホームページを公開しました
2019/06/04
「当院概要」ページを更新しました
2019/06/03
「当院の特徴」ページを作成しました

お客さまの声

根本的に治してくれる

千葉市稲毛区の五十嵐清司様

氣仙長生治療院さんは悪いところを見つけ出し根本的に治してくれます。

人に勧めたい

千葉市稲毛区の石坂利恵様

知人にも、ぜひ氣仙長生治療院さんをお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

院長ごあいさつ

氣仙英郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

アクセス・営業時間

住所

〒263-0031
千葉県千葉市稲毛区稲毛東
3-16-4 スプリングスクエア 501

最寄駅

JR総武本線稲毛駅西口から徒歩2分
京成稲毛駅から徒歩8分

診療日

午前10:00~午後 2:00
午後  4:00~午後 8:00

 (完全予約制)

休診日

                        祝祭日